IT通信株式会社
お知らせ


オフィス移転と商号変更のお知らせ
2014年 9月 17日(水曜日)

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
有限会社IT通信は2014年9月17日に、本店を下記住所に移転しました。
また同日、商号を「IT通信株式会社」に変更しました。
改めて初心に立ち返り、IT技術で社会の役に立ち、社員とその家族が幸せになる会社を目指します。
今後とも変わらぬご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

【新社名】IT通信株式会社
【新住所】〒901-1111 沖縄県島尻郡南風原町字兼城123 POPビル4F

電話 098-882-6103 FAX 098-882-6104
(電話番号ならびにFAX番号は変更ありません。移転前と同じ番号をお使いいただけます。)

所在地
 
6月17~18日、パシフィコ横浜で行われるフューネラルビジネスフェアに出展します
2013年 5月 22日(水曜日)
6月17~18日、パシフィコ横浜で行われるフューネラルビジネスフェアに、「公益財団法人沖縄県メモリアル整備協会」さんと、大阪の「霊園・墓石のヤシロ」さんと協力して出展します。
 
葬祭ビジネスの展示会になぜ?ということですが、弊社は霊園管理システムを開発しています。
 
メモリアルさんとヤシロさんのノウハウを、システム化させていただいたのですが、そのシステムの展示と霊園経営事業への呼びかけです。
 
霊園経営に関してですが全国的に大変厳しい分野です。
 
大規模な開発が必要ですが景気の低迷や親族の分散などで旧来のお墓にこだわらない樹木葬や合祀墓への埋葬が増え、高額な墓地や墓石への需要は減るばかり、開発費の回収もままならない状況です。
 
開発した業務管理システムが事務コスト削減と営業支援に効果を上げています。
 

霊園営業サポーター with ミネルバスコープ2013 チラシ

 
以下のページより招待券を申請すると展示会に無料でご参加いただけます。
 
 
統合型顧客管理システム「ミネルバスコープ2010」新商品発表会のご案内
2010年 9月 05日(日曜日)
統合型顧客管理システム「ミネルバスコープ2010」
新商品発表会のご案内
 このたび沖縄コンピュータ販売株式会社と有限会社IT通信は、かねてより共同開発を進めておりました統合型顧客管理システム「ミネルバスコープ2010」を発売することとなりました。「ミネルバスコープ2010」は、中小企業庁の「新連携事業計画」の承認を受けて開発した商品であり、顧客管理に求められる「共有データベース」「CTI(電話とコンピュータの統合)」「BI(経営分析)」「グループウェア」の4つの統合機能で、企業の営業体質を強力にサポートするシステムです。また、今回は中小企業診断士の井海宏通様によるセミナー「戦略的顧客管理のススメ」も同時に開催いたします。
 お忙しいとは存じますが、皆様の御批評を仰ぎたく、是非とも御来場賜りますようお願い申し上げます。
日 時: 平成22年9月14日(火)13:20~16:30
第1部(13:20~14:50) 記念セミナー「戦略的顧客管理のススメ」
第2部(15:00~16:30) 統合型顧客管理システム「ミネルバスコープ2010」のご紹介
会 場: 沖縄産業支援センター大会議室302号室 ※右図
( 〒901-0152 沖縄県那覇市字小禄1831番地1 )
沖縄産業支援センター
参加費: 無料 1社2名様までとさせていただきます。
申 込: 沖縄コンピュータ販売様ホームページよりお申し込みください。
※席に限りがございます。お早めにお申し込み下さい。
 
ホームページをリニューアルしました
2009年 7月 06日(月曜日)

本日、有限会社IT通信のホームページをリニューアルしました。
全体にすっきりと見やすいデザインで、製品・サービスや導入事例などの情報も充実させました。

旧ホームページでは訪問者に情報が見づらい思いをさせて申し訳ありませんでした。今後は分かりやすく役に立つ情報を発信する場として内容を高めてまいりますので、ちょくちょくとサイトをのぞきに来ていただくようお願いいたします。

 
沖縄コンピュータ販売様の「ビジネス情報発信フェア」に出展します
2009年 6月 09日(火曜日)

沖縄コンピュータ販売様の「ビジネス情報発信フェア」が6月10日、朝10時からコンベンションセンターで開催されます。

要項は以下の通りです。

「ビジネス情報発信フェア」開催!! 沖縄コンピュータ販売30周年感謝祭

-沖縄を元気に!会社をよくする30のヒント-

日程: 6/10(水)
時間: 10:00 - 18:00
場所: 沖縄コンベンションセンター会議棟A1
費用: 無料

01. 売掛金債権回収セミナー
02. 住宅瑕疵担保保険履行法について
03. 人材(ひと)が築く企業の将来(あした)!
04. USBウイルス対策セミナー
05. 新たな一歩にチャレンジ!経営革新セミナー
06. 給与計算ソフト「給与大臣」を使った算定基礎届実演会
07. データベースと地図の融合!自分で作れる地図システム! (全般)
08. インターネットで利用できる業務システムの構築方法 (全般)
09. プロジェクトの進捗・原価管理で利益が「見える!!」 (経営・マーケティング)
10. CRM・CTIを活用した組織営業とファンづくり (経営・マーケティング)
11. コピー機でできるオフィスのコストダウン&効率化 (経理・事務)
12. オフィスでできる圧着紙を使った業務コストの削減 (経理・事務)
13. コストパフォーマンスに優れたシステムレジスタの活用方法 (経理・事務)
14. 冷暖房環境向上システムで快適空間づくりとコストダウンを実現 (事務所・店舗施設)
15. ネットワークブート型シンクライアントでパソコン環境まるごと一元化! (ITマネジメント)
16. 仕事に使える!無償の「オープンソース」でここまでできる! (ITマネジメント)
17. 最適な社内ネットワークのつくり方 (ITマネジメント)
18. 専門知識不必要!?ハイクオリティなホームページの作り方 (ITマネジメント)
19. ワンストップで企業のIT化をトータルサポートする新しいサービス (ITマネジメント)
20. 防犯カメラでもエコしませんか? (セキュリティ)
21. 会社の迷惑メールをまるごと撃退する方法 (セキュリティ)
22. 介護施設業の煩雑な管理業務をシステム化する方法! (介護施設)
23. 故障しても止まらない安心サーバーとeラーニングの活用 (学校・社員教育)
24. 受注率向上に向けた新技術情報提供システム(NETIS)の活用 (建設)
25. 土木・建築・設備業における情報共有システムの運用事例 (建設)
26. 総合評価落札方式と施工計画書作成の現状と取り組むべき課題 (建設)
27. 測量電子納品要領変更による業務の注意点 (建設)
28. コピー機も有効活用!電子納品業務の効率化! (建設)
29. 長期優良住宅普及促進法に伴う顧客管理の重要性 (建設・不動産)
30. ホームページ集客を「1.5倍」にするための仕組みとは?

日常業務をIT化していくヒントが見つかるかも知れません。

弊社IT通信が出展するのは23番の「故障しても止まらない安心サーバーとeラーニングの活用」で、
あと、共同開発中のシステムとして10番の「CRM・CTIを活用した組織営業とファンづくり」です。


◆資料「ビジネス情報発信フェア」
http://www.okicom.co.jp/profile/img/20090610_business_fair.pdf

◆資料「CRM・CTIを活用した組織営業とファンづくり」
http://www.it-tusin.com/crm-cti-chirashi.pdf
http://www.it-tusin.com/crm-cti.pdf

◆資料「故障しても止まらない安心サーバーとeラーニングの活用」
http://www.it-tusin.com/elearning.pdf
http://www.it-tusin.com/server-system.pdf
 

 
IT経営大賞に大宮工機さんが選ばれました
2009年 3月 01日(日曜日)

沖縄IT経営応援隊のIT活用セミナーのIT経営大賞に大宮工機さんが選ばれ、2月26日、ハーバービューホテルで授賞式がありました。
大宮工機さんでは、IT化の取り組みをたくさんされています。
顧客管理・貸し出し管理システムの社内開発、GPS携帯による場所通知、一斉メールでの情報共有、社内パソコンのデュアルディスプレイ化、ペーパーレス化、車両のETC対応、等々...。
弊社IT通信では、その中の顧客管理・貸し出し管理システムのCTIシステム部分を共同開発させて頂きました。
これは電話がかかってきたときに、相手先電話番号から一瞬でデータベースを検索し、電話をとる前に誰からかかってきたのか、これまでどんな取引があるのか等の情報がわかるシステムです。
大宮工機さんではさらに、ICタグを使った配達・返品管理、在庫管理システムの開発を計画されていますが、その開発も共同で行う予定です。

 
異分野連携事業の認定
2008年 10月 18日(土曜日)

 

 
情報教育研究集会で発表
2007年 11月 11日(日曜日)
11月9~10日、大阪大学で情報教育研究集会が行われました。

公式ホームページ
http://conf2007.cmc.osaka-u.ac.jp/


 弊社・高橋庸正も愛知工業大学の水野勝教氏、eラーニングサービスの秋山實氏との共同研究の発表を行いました。
 タイトルは「複数教育機関が利用する大規模・高可用性Moodleサーバの構築と運用」です。
 eラーニング用のサーバは、基本的には通常のWEBサーバと変わりありませんが、テスト時など「用意、はじめ」でたくさんの学生が一斉にアクセスするという点で負荷分散を考慮する必要があります。
 1台のサーバではクライアント60台が限界です。
 そこでロードバランサの出番ですが、市販のロードバランサは大変高価です。
 今回の愛知工業大学のeラーニング用サーバでは、そのロードバランサをLINUXマシンを土台にオープンソースのみで構築したところが特徴です。
 ただし市販のロードバランサは可動部品が無く信頼性が高いのですが、自作ロードバランサの場合はLINUXマシンですのでそれ自身が壊れやすく、2重化する必要があります。
 全体の構成は、ロードバランサ2台、WEBサーバ2台、データベースサーバ1台、ファイルサーバ1台です。
 WEBサーバには4校分のMoodleがインストールされています。
 データベースサーバはファイルサーバのバックアップとなっていて、逆にファイルサーバはデータベースのレプリケーションを行っています。
 負荷テストではクライアント221台からの同時アクセスを、軽々クリアしました。負荷テストの結果を見ていただくとわかるのですが、CPU稼働率は両WEBサーバで80%前後まで上がっているのに比して、データベースサーバは10%以下、ファイルサーバはほとんど0%です。スケーラビリティということでは、WEBサーバを増やしていくことで、クライアント1000台程度までは対応できそうです。
 たくさんの発表の中の一つだったのですが、質問もいくつもあり、現場での関心は高そうです。
 「もっと完全な自動化はできないか」といった要望もあり、対応を検討していきます。

発表論文
http://www.it-tusin.com/jkks2007-42.pdf
展示パネル1
http://www.it-tusin.com/panel-A1-01.pdf
展示パネル2(負荷テストの結果)
http://www.it-tusin.com/poster2.pdf
宣伝用ポスター
http://www.it-tusin.com/panel-A1-02.pdf

 
«最初123最後»

1 / 3 ページ
戻 る
 
沖縄で終活 オキナワン・ライフエンディング
 

JoomlaWatch Stats 1.2.9 by Matej Koval