IT通信株式会社
負荷分散&冗長構成サーバシステム
 
製品の特徴
DRBDによってデータを保護
 
DRBDは、ネットワークを通して自動的にディスクをミラーリングする技術です。
ファイルサーバやデータベースサーバをDRBDで運用することにより、どれか1台のサーバが故障しても他のサーバでシステムを維持します。
 

サーバ1のデータはDRBDによって自動的にサーバ2へミラーリングされます。





Heartbeatによって、お互いに相手側サーバを監視し、サーバ1が止まれば自動的にサーバ2が役割を代替します。
 
RAID1/RAID5との比較
 
RAID1/RAID5の弱点は、ディスクだけミラーリングしてもサーバの電源などが故障すればシステムが止まってしまうことです。 それに対してDRBDは、1台のサーバが止まっても他のサーバで代替するので、格段に信頼性が高い技術です。
 
 
ネットワークブートで、システムの変更・追加が簡単に
ロードバランサやウェブサーバは、ファイルサーバから起動イメージを受け取り、設定を読み込んでネットワークブートします。
この起動イメージを設定変更することによって、新たにウェブサーバを追加したり、各サーバの役割を変更するなど、操作が簡単に行えます。
起動イメージを保管するファイルサーバも、DRBDによってミラーリングされデータが保護されます。
 
サーバーの追加例
 
サイトへのアクセスがだんだん増えてきたら、ウェブサーバを1台追加して、今後の負荷増大に備えます。
 
役割の変更例
一時的なアクセス増大が予測されるときに、臨時にロードバランサ1台をウェブサーバに変更します。

 

 
戻 る
 
沖縄で終活 オキナワン・ライフエンディング
 

JoomlaWatch Stats 1.2.9 by Matej Koval